スープダイエットは体重がかなり落ちるということで話題になっているダイエット方法です。7日間脂肪燃焼スープダイエットをお試しください。

スープによるダイエットが話題

スープダイエットは体重がかなり落ちるということで話題になっているダイエット方法です。

スープダイエットにはふたつの方法がありますが、ひとつは低カロリーで栄養価の高いスープを食事の中に取り入れるというものです。

もうひとつの方法は、7日間を完全にスープ主体の食生活にして過ごすもので、7日間脂肪燃焼ダイエットと呼ばれています。

これらのスープダイエット法で、体のためになる方法と考えた場合、カロリーが低く栄養価の高いスープを食生活に取り入れる方法の方がいいといわれています。

短期間でダイエット効果を得たいと思っている人は脂肪燃焼ダイエットをする人が多いようです。

 

また7日間脂肪燃焼スープダイエットとは別に、野菜スープダイエットというものがあります。

どこでも購入できる野菜を利用して作る野菜スープを、ダイエットのために飲むという方法が、野菜スープダイエットです。

毎日の夕食前に野菜スープを飲むことで、体の中から毒素を排出します。体の中からきれいにすることで代謝をアップして脂肪を燃焼させるのです。

野菜スープダイエットは体質改善が目的なので、体にはやさしいダイエットだといえるのです。

スープによるダイエットと言ってもその種類は様々なので自分の体質や目的にあったスープダイエットを試してみると良いでしょう。

できれば健康的に、長く続けられるダイエットに挑戦したいものです。

7日間脂肪燃焼スープダイエットについて

近頃話題になっている「7日間脂肪燃焼スープダイエット」とは、どういう方法でスープダイエットをするのでしょうか。

7日間脂肪燃焼スープダイエットは野菜スープを中心に7日間あらかじめ決められたメニューを食べるというダイエット方法です。

そのメニューの野菜スープであれば、好きな量を好きなときに食べられるというのがこの特徴です。

野菜スープのほかにも、そのダイエットスケジュールに合う食べ物を、7日間食べるのです。

飲み物は水やお茶などのほかに果汁100%のジュース、そしてお砂糖を加えていないブラックコーヒーなどに限定され、またパンなどの小麦粉を使った食品は摂らないようにすることが決まっています。

アルコールや炭酸飲料も飲むことができず、もし24時間以内にアルコールを摂っていた場合は、それが過ぎてから7日間脂肪燃焼ダイエットを始めます。

7日間のスケジュールのうち、肉を食べる日というのがありますが、この肉は煮魚ならば変更可能ということになっています。

この7日間脂肪燃焼スープダイエットの長所は、やり方が簡潔でわかりやすく、しなければならないことがはじめから決まっているということです。

7日間脂肪燃焼スープダイエットで使われるスープのカロリーは非常に低く、スケジュールどおりに食事をとれば1日のカロリー摂取量は1500キロカロリーとなるのでほとんどの人は痩せることが可能です。

しかしながら、ある問題があって、この7日間ではたんぱく質の摂取量がかなり少なくなってしまうという点にあります。

たんぱく質が不足してしまうと逆に太りやすい体質になってしまい、リバウンドも起こしやすくなってしまうので、肉を食べるときはできるだけ赤身の肉にしたり、豆類をたくさん摂るなどしてたんぱく質不足にならないように気をつけましょう。

7日間脂肪燃焼スープダイエットは、栄養面から言うと明らかに偏ったものなので、1度試しに行うくらいにして、長期にわたって続けるようなことはしないようにしましょう。

野菜スープダイエットについて

野菜スープダイエットとは、近頃良く耳にする7日間脂肪燃焼スープダイエットのようなメニューがあらかじめ決まっているものではなく、夕食前に脂肪燃焼のスープを飲むというものです。

スープを食べるのは朝や昼などに増やして摂ることもでき、量も増やせます。

野菜スープダイエットで飲まれる毒だし脂肪燃焼スープは、もともと体質改善のために作られたスープで、肩こりや冷え性の人のためのものでした。

この野菜スープを飲んだ多くの人がダイエット効果も実感していることがわかり、ダイエットスープとしても広く知られるようになったのです。

野菜スープダイエットは体力が落ちたり、体調が悪くなる心配がなく、体内間環境を調整し、体質を改善することで免疫力が高まるので、逆に丈夫な体になります。

この野菜スープダイエットのレシピを紹介します。

◆野菜スープダイエットレシピ◆

1.材料は7皿分で、水2〜3リットル、にんじん1本、玉ねぎ大3個、キャベツ2分の1個、ピーマン1個、トマト3個、セロリ太いもの1本となっています。

2.だしはかつお節10グラム、鶏がらスープの素小さじ1杯、コンブ5グラムで、味付けはしょうが1片と天然塩でします。

3.適当な大きさにカットした野菜とだしを大き目の鍋に入れ、水を1リットル加えて中火で20分間くらい煮ます。

4. スープの量が少なくなってきたら水を入れ、野菜がやわらかくなってきたところで天然塩で味を付け、火からおろしますしょうがをすりおろして加えた後でいただきますが、味付けは基本的に油や砂糖を使わなければ自由なのです。

野菜スープは火を毎日通すようにすれば1週間は冷蔵庫保存することができるので、作り置きして毎日ダイエットに使いましょう。


メニュー

リンク

ウエストシェイプ キノコキトサン  【あるあ●で話題のキノコキトサン】内臓脂肪に働きかけお腹の脂肪を燃やしやすくします。【これこれ倶楽部】
ウエストシェイプ キノコキトサン ...
2,079円
商品ページへ
Ads by 電脳卸

検索

カスタム検索
inserted by FC2 system