朝バナナダイエットは簡単に誰にでも出来るダイエット方法です。

朝バナナダイエットが体にいい訳

スポンサードリンク

毎朝バナナを食べてダイエットができるという朝バナナダイエットは、手軽で誰でも取り組みやすいので話題のダイエット方法です。特にバナナは手軽に食べることが出来、わりと安く手に入りますし、あまり嫌いな人はいません。朝、バナナと水があればそれでダイエットが可能といわれています。

朝だけにこだわらずに、自分の好きなときにというのも良いのでしょうが、朝バナナを食べるにはそれだけの理由があります。

朝食をとらない人は、午前中、頭の働きが悪く、体の動きも悪いという結果が出ているそうです。
寝ている間にもエネルギーは使われていますから、朝起きて足りないエネルギーをきちんと摂取しなければ、体の動きが悪くなるのも納得がいきます。朝ご飯は健康維持に必要なことで、これはダイエットをするしないとは別問題です。

朝バナナを食べることによって、低カロリーで抑えられますし、十分な栄養を摂取することもできます。
バナナは腹持ちがいい食べ物ですし、1本が大体90キロカロリー未満のため、カロリーコントロール中はとても重宝される食べ物です。また、意外なことにバナナの水分は重量の60〜70%なので、水分補給も可能です。便秘対策はダイエットや健康にとても重要です。

夜寝ているときに人間の体の水分はコップ2〜3杯なくなるといわれています。朝水を飲むことで、胃腸が活発になり、食欲も出てお通じもスムーズになります。 また、眠っている間に失った水分を補うことで、血液の流れがよくなります。したがって、朝の水補給は非常にたいせつなものです。
朝水を飲み、朝食としてバナナを食べることで

その点、バナナは食物繊維が豊富なので腸の改善に期待できます。眠っている体を目覚めさせ、すっきりとした一日を過ごすこともダイエットには必要なことです。ダイエット中はどうしても甘いものを制限しなければなりませんが、バナナは適度な甘みがあるので甘味の代用になります。体によく、精神的なストレスも少なく、どこでも手に入るバナナダイエットで、楽しくダイエットを続けましょう。

 

バナナダイエットでカロリーコントロール

朝ごはんを食べずにバナナを口にするという方法が、バナナダイエットでの体重の減らし方です。
バナナダイエットでの決まりごとは、朝食はバナナと水だけにすることです。
それ以外は自由ですが、総体カロリー量は心にとめておきましょう。どんなに健康にいい食べ物でも、大量に食べ過ぎてはいいことはありません。

とはいえ、やみくもな食事制限だけがダイエットではありません。食事制限などでフラストレーションが溜まってはダイエットも続きませんから、食事面などではよりカロリーの低い食べ物を選ぶなどの工夫をしましょう。

バナナダイエットのメリットに、バナナの成分にストレス軽減してくれるヒスチジンという物質が入っている点があります。朝はバナナだけでもイライラしないなんて、すごい食品ですね。
遅くならない時間で夕食をきちんと食べること、まめに水を飲むこともバナナダイエットの一部です。

たったこれだけのルールを守ることでバナナダイエットはできますから、どなたでも挑戦が可能といえます。運動を生活に取り入れるならば、ダイエット効果も高まります。

バナナダイエットにバナナは欠かせません。バナナは室温の保存が向いています。バナナはエチレンガスを放出しているために、物に接していると傷みやすいので、吊るして保存するのが一番です。冷蔵庫で保管し皮が黒くなっても、意外と中身は大丈夫です。黒くなってしまったとバナナの皮の色だけで判断するのではなく、中身をチェックして判断してください。

 

何故バナナでダイエットするのか

ダイエットにバナナを使うのは、多くの栄養が豊富で植物繊維の多く含む食材でありながら、低カロリーだからです。
消費するカロリーより摂取するカロリーを増やすことがダイエットで目指すところですから、たくさん動くか、あまり食べないかになります。
ダイエットだからといって極端に食事の量を減らしたり、運動の量を増やしたりすると、体の負担にもなります。
ダイエットで大事なことはカロリー量をきちんと調整することであり、無闇なダイエットは精神的にもストレスになり、長く続けられません。

バナナによるダイエットはそれらの問題を解決してくれる強い味方です。バナナは、病気の人、運動をする人によいとされており、カロリーが高いのではと思っている方は多いと思います。しかし、そんなにバナナのカロリーは高くはないのです。バナナ1本あたり大体90キロカロリー未満です。

バナナが病人や運動時にいいのは、バナナが含んでいる多種の糖類は、時間をかけて少しずつエネルギーになることからなのです。
体内に糖が吸収されるスピードは糖類の種類によってそれぞれ異なるため、バナナは時間をかけてエネルギーを得続けるにはちょうどいい食材なのです。
ダイエットにバナナがいい理由には、バナナに食物繊維やカリウムをはじめとするたくさんの栄養を含有する点もあります。ビタミンやナイアシンなども含んでいます。

バナナダイエットは、きちんと食べて健康的に痩せるおすすめダイエット方法なのです。

検索

カスタム検索

メニュー

リンク

朝バナナを食べよう

現代の女性は栄養失調で太っている!だからバナナを食べよう!

私達日本人は、万が一、食べ物が無くなっても飢えないようにと、栄養が不足すればするほど脂肪を蓄える節約系の遺伝子をもつと言われています。

食べたものを消化、吸収、代謝すると、カラダの中では大量のカロリーを消費するものです。

そのカロリーは、トレッドミルで30分間走った以上の消費量に相当するとか。

「食べるから太る。食べなきゃ痩せる。」と思っている人は多いはず。

しかし、、「現代の日本人女性は栄養失調で太っている!」

だから朝バナナを食べよう。

 

スポンサードリンク

inserted by FC2 system